This Archive : 2009年12月

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐ2010年

2009.12.31 *Thu
小学生の時、世界は1999年で終わるから21世紀は来ないだろうと思ってた。

高校生の時、このままの生活が永遠に続くような気がして2003年が繰り返されると思ってた。(ちょっとだけ)

大学生の時、哲学で時の存在そのものを疑いだし、西暦を忘れて過ごした。(たぶん、自由と酒を手にしたせいだ)

そして、嘘みたいな2010年が今まさにやってこようとしています。


『君といた、未来のために』ってドラマが昔ありました。
堂本剛とエンクミが主演のドラマ。
あんなふうに、2010年がくる直前で過去にタイムスリップするって事も、充分ある話です。



そんな事を考えながら、気がつけば正月を迎えていることでしょう。

See you next year!!
スポンサーサイト
CATEGORY : かんの日記

お笑いダイナマイト

2009.12.29 *Tue
某番組で、108組の芸人のネタをやっていて、

僕は、

ダンディ坂野を見たいがために

86組まで待つこととなった。



こんなにテレビを見たのは久しぶりさ
CATEGORY : かんの日記

数日、ダンスから離れて

2009.12.28 *Mon
今日から帰省するため、しばし(一週間弱)ダンス生活から離れます。だから、ここに書く事もダンスと一切関係ありません。

さて、帰省までの道中は何かと退屈なので、いつも本を読みながら帰るのですが、今回選んだものはウイリアム・バロウズの『ジャンキー』

『裸のランチ』を映画で観た事のある人ならいるかもしれません。というくらい、バロウズはメジャーな作家とは言い難いと思います。(米文学・ビートニクが好きな人は別)

『ジャンキー』はそんな彼の処女作で、麻薬中毒者の絶望的生活を自伝的に描いてます。
バロウズの他の作品は支離滅裂で猥褻な表現や破綻した文体が多いですが(例えば書店で『ソフトマシーン』を手に取り立ち読みしたら、貴方はきっと数行読んで首を振り黙ってもとあった棚にそれを戻すに違いない)、『ジャンキー』だけはまともに読めます。ただし内容はまともではないですが。

僕は思います。これほど麻薬反対を訴える模範的テキストはないのじゃないかと。但し、問題はバロウズがこの本で麻薬を肯定した表現を多く用いていること、そして反社会的内容であること。
結局、あらゆる本は読み手次第なんだろうと思います。

バロウズの本、やや入手しずらいですが、読んでみてはいかがでしょう?
CATEGORY : かんの日記

亀井静香杯争奪ダンス福山大会

2009.12.06 *Sun
N級スタンダード
3位


久しぶりの級別戦、実力を充分に出して踊れたと思います。

これにて今年度の競技会はすべて終了し、スタンダードも昇級してラテンとともにD級で来年は挑戦させてもらいます。


来年度から、昇級点も今までより大幅に上がるようで、激戦になる事が予想されます。

菅・杉山組は1/31のスクリブナーから頑張ろうと思うので、今後とも応援よろしくお願い致します。
CATEGORY : かんの日記

Copyright © 頑固リーダーちびパートナーのダンス奮闘記 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee
12
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。